使っている飼料や育て方を意識すると…

単純に筋肉を増やしたいと思ったら、トレーニングのウェイトを増やすのと同時に、タンパク質の摂取量を増やしてあげることが重要ですが、そうなると、プロテインなどが一番手っ取り早い方法かと思います。

動物性のタンパク質などを摂取するために、たとえば、肉や卵という方法もありますが、毎日、楽して安定的に摂取するとなるとプロテインに敵いませんよね。

私も今までに何度かプロテインを試したことがありますが、どうも長続きしませんでした。なんとなく、プロテインの品質が気になってしまうんです。

というのも、プロテインの原料となるのは、やはり牛乳が多いですが、じゃあ、その原料の牛乳自体に安全性の問題が無いのかと考えてしまいます。特に、アメリカでは、大量生産を行うために、飼料を工夫したりするそうですが…。

この飼料の中に、抗生物質なども含めて色々と混ぜるそうです。
それは、牛が病気にかかりにくくするためだったりしますが、その一方で、乳の出をよくしたり、肉牛に関しては、筋肉量を増やすために行われているのだとか。

牛は、抗生物質がプロテインの代わりになるんですかね。笑

何にしても、科学的な方法で作られている牛乳を原料としていたら、その影響がプロテインを摂取した人にも起こっておかしくない気もします。

もしも、北海道の牧場でオーガニックな飼料のみで育てられた牛から搾取した牛乳を原料にしているとなれば、もう少しマシなイメージがあるのですが、こういうところを気にしてしまうと、続ける抵抗感になってしまいます。

なので、本当なら、食事から摂取するというのが理想ですが、となると、食生活も極端に変わってしまうので、筋肉のために食事となってしまうと、食事を楽しめなくなってしまうので、それもまた微妙ですね…。

事柄