土鍋を使うとガスの方が断然便利

今は、オール電化の家が増えていますが、そうなると、考えものなのがガスコンロが使えない事です。賃貸物件を探している時にも感じていたことですが、結構、お部屋探しでボツとなる部分がそこだったりします。

良い部屋は、大抵オール電化を売りにしていて、ガスコンロがついていないのですが、料理をする人にとって、ガスが使えるかどうかって結構重要ですよね。

「IH対応の調理器具を使えば良いじゃん」という話かもしれませんが、特に、土鍋や鋳鉄の鉄鍋を使う事が多いと、ガスで微調整する必要性があります。

特に、土鍋の場合は、IH対応だとしても、直火が届く外側の底面は、塗料が施されておらずザラザラしているので、IH器具のトップシートを傷つける事も有り、使わないようにと書かれている事もあるそうです。

持ち家なら傷を気にせず使う事も可能ですが、賃貸とかでIH土鍋を使って傷つけたりしても、後々の事を考えると躊躇してしまいますね…。

同じように、鋳鉄タイプの鉄鍋も重量がありごつくて表面がザラザラしているので、もしかしたら、IHコンロのトップシートを割ってしまうかもしれません。
そういう部分でも、使い勝手は悪いなと感じます。

それに、都市ガス対応の部屋なら割とガスを使っても月々せいぜい2千円程度と安いものです。コストパフォーマンスを考えても、ガスの方が利便性に優れている気がするのですが…。

なら、ガスの場合には、どんなところが使いにくいかなと考えると、一つは、微弱の火力にしていると時々自動停止してしまう事でしょうか。土鍋も鉄鍋も熱が行き渡ると、火力を十分押さえても結構熱くなり食材が焦げやすくなります。

そんな時に微弱にすると、時々、ピーっとなって止まってしまう事があるのですが、気になるのは、その位かなと思いますね。

事柄